トレーニング一覧

スポーツ遺伝子検査をやってみた

ハーセリーズのエクササイズ遺伝子検査をやってみました。「速筋・遅筋の割合」「血管拡張機能」「ミトコンドリアの成長性」に関する3種の遺伝子を検査できます。

記事を読む

富士ヒル前の最後の週末

富士ヒル一週間前の最後の週末、今さらジタバタしてもしょうがないがどう過ごそうか悩む。結局いつもの十三峠と葛城山に。やれることは全部やったと思ってる。

記事を読む

奇妙なペダリング論

一般的には「拇指球で踏む」のが良いペダリングだとされてますが、今の自分はつま先がかなり下がった「足先で回す」という異様なペダリングになっています。

記事を読む

三本ローラーの特徴・メリットを今さら考えてみる

スマートトレーナー×Zwiftという組み合わせが最近のローラー練習の流行かとは思いますが、今さら三本ローラーの特性・利点などをあらためて挙げてみようと思います

記事を読む

近況殴り書き

近況を適当に殴り書き。心拍計を導入した、サドル変えたら固すぎワロタ、調子はボチボチ、体重は少しずつ減ってる、富士ヒルと吉野大峯はエントリー。負けるつもりはございません

記事を読む

真冬のトレーニングを考える(実走か室内ローラーか)

真冬のロードバイクのトレーニングについて。個人的には気温が下がると強度がまったく上げることができなくなる。冬場は外での実走はあえて止めて、室内でローラーした方が良い、という結論に。

記事を読む

猛者柳(柳谷で猛者達とモサモサする):破

明らかに堅気ではない実力者4名に誘われて、魑魅魍魎が跋扈する柳谷へと向かったクソブロガー。集合場所であるさくらであい館に辿り着くも、そこで彼を待ち受けていたのは…

記事を読む

猛者柳(柳谷で猛者達とモサモサする):序

柳谷で猛者の皆様と一緒に走ってきました。様々なヒルクライム大会の入賞・表彰台・優勝経験者が集まるという白目剥くこと必至の集いです。有り難いことです。

記事を読む

脚攣りの原因と対処方法(マグネシウムを摂りなさい)

自転車のライド中に何故脚をを攣るのか。それは多量の発汗によりマグネシウムが失われ、逆に筋肉を収縮させるカルシウムが優位な状態になるためです。

記事を読む

故障

脚を攣った翌日も無理して踏んだらふくらはぎが異様に痛い。これは数日間は乗らない方が良いかと思い強制レストに。週末の箱根までには治るだろう。

記事を読む

予定、近況、目標。

今月一度もブログ更新してない!と思いとりあえず更新。2020年も残り三分の一に。レースないと時間の経過があっという間だ。恐ろしい

記事を読む

20,000m登るのはもうヤメだ(2020年後半のざっくり予定)

2020年前半が終了。この半年間は毎月獲得標高20,000m登れたけど、7月はあえて登らない。8月からまた登り始めよう。そして後半戦、少しずつまた大会に出れるようになるかな。

記事を読む

とある夜の、十三峠で

十三峠でのひとりの夜練。クソ速い人に追い抜かれ、勝負を挑む。速い人に挑戦するのはとても楽しい。

記事を読む

CTLの推移と大会成績の関係性とか

CTL値の推移と参加したレースの成績との関連性をなんとなく見てみました。CTLが高くなってる部分では成績も良く、逆に下がってると悪い、という分かりやすい関係性になってました。

記事を読む

とりあえず20,000m登り続ける。

月間獲得標高20,000mが今年のトレーニングの目標。なんとか3ヶ月連続で達成。トレーニングという「手段」を目的にしてしまってるが自分的には全然アリ。速くなれば何でもイイ。

記事を読む

レースがないとブログ更新するネタがない。(特に中身のない近況報告)

レースがないとブログを更新するネタが本当にないので適当な近況報告でお茶を濁す。はやく開幕戦を迎えたーい(妖怪人間のトーンで)

記事を読む

人間性を捧げよ

2020年のトレーニングとしての目標。十三峠年間255本。獲得標高20000m/月。タイムとしては十三峠は14分30秒切り、六甲山36分台。頑張ろう。

記事を読む

久しぶりに十三峠へと向かった僕は彼女と偶然出会い、そしてその美しさにただ目を奪われたんだ。

久しぶりに十三峠へと向かった僕は彼女と偶然出会い、その美しさにただ目を奪われたんだ。おっとそんな目で僕を見るのはやめてくれたまえ。

記事を読む

FTP、パワーウェイトレシオ、レース入賞の目安

FTP、パワーウェイトレシオに関して、またヒルクライムレースの年代別入賞・表彰台の目安について。普通に練習してれば5倍は多分そんなに時間かからない。

記事を読む

タンパク質(プロテイン)の補給源、食品まとめ

タンパク質・プロテインの補給源、食品等のまとめ。筋肉育てるためには必須なタンパク質。トレーニングはタンパク質摂取と休息までがセットです。体重×2g以上は摂取したいところ。

記事を読む