パワーメーターとか自分のFTPの話




ある程度「競技志向」の方であれば
パワーメーター使ってない人の方が珍しいのでは
というくらいパワメはかなり普及してるかと思います

というかトレーニングにおいては
もはや必須アイテムなのではないか、というくらい
重要なものかと


自分もパワーメーターは使っていました

パイオニアのパワーメーターです


自身のパワー値(FTP)を見ながら
どれくらいの強度で踏めば良いのかとか
どれくらいのパワーを目指せば良いのかという
練習、成長の重要な指標になっていたと思います



ただ、使用しているうちに
パワー値がかなり上振れしてきました

自分の感覚よりもずいぶん高い数値が出るようになってしまいました

こうなると
正確でない数値を指標にすることはできませんので
途中からパワー値はまったく気にしなくなりました


で、
練習中もレース中もパワー値を見ないわけですから
「もう要らんやろ…」
となり
実際にパワーメーターを外してしまいました


その後パワーメーター無しで練習等を行うのですが
なにか不便があったかというと
特に何もありませんでした

パワーメーター無くても
心拍の数値を見れば
どれくらいの強度で踏んでいるのか、とか
どれくらい追い込んだ練習ができているのか
ということは把握できますので
練習においても別に困ることはありません



その後
室内トレーナーとして
wahooのkickerを購入しました



kickerではパワー計測ができますので
久しぶりに自分のパワー値を確認できるなぁと
少しワクワクしながら使用してみたのですが


低い
明らかに数値が低い


kickerで計測されるパワー値が
自分の感覚より
おおむね60Wくらい低い


自分のFTPですが
少なくとも300W以上くらいはあるつもりなのですが
(体重は60~63kgとか)
FTP強度くらいで踏んでるつもりでも
計測されるパワー値は240Wとかそんくらい


kickerは
実走よりも少し低めにパワー値が出る
みたいなことは聞きましたが

いやいや!流石に低すぎやろ!


ただ、今のところは
zwiftとかはやる予定無いですし
とりあえずは踏んでる時のパワーの上下(相対値)が
見れればそれで良いか、といったん納得することに



で、さらに最近

何となくアメリカのオークションサイトebayを眺めていると
stagesのパワーメーターが結構安い値段で売ってる

キャノンデールのクランク一体型のパワメで
新品なのに送料含めても33,000円くらい



いや、安すぎんか…?
偽物ちゃうのコレ…

と少し不安になるが
ショップの評価見ると結構良い

というかショップ名がその名も
power meter city


ここまで大体的に売ってるんだったら
流石に大丈夫だろうか…

と若干気にはなりつつも購入


3週間程度で到着



早速取り付け

試しにローラーで使ってみるが
どうやら普通に計測できている様子


せっかくなのでFTPも測定してみることに

その際
wahoo kicker の方でも同時に計測


(左のサイコンでwahoo kickerの値を、右のサイコンでstagesの値を計測)

上に書いたように
自分の感覚から言えば
wahoo kickerの数値は低すぎる

stagesでの計測値とも比較することで

「ほらな!やっぱwahoo kickerオカシイじゃん!」

とwahoo kickerのポンコツさを証明するつもりだった



ということで計測

本当は60分回して
正しくFTPを計測するつもりだったが
20分で力尽きてしまった
(軟弱すぎる…)


で、その20分計測した結果がこちら



wahoo kicker=280w
stages=283w


誤差はあるもののほとんど同じ数値


ていうか
wahoo kicker の数値、正しかったんか…


つまり
wahoo kickerがポンコツで数値が低かったのではなく
単純に自分がポンコツなだけだった



ワロタ(泣)




えぇ~…

正しい計測方法ではないが
20分280wだとして
推定FTPは265wくらい??

いまの体重63kgだから
PWR4.2くらい???



スマン
もっと高いと思ってたわ




いや、だって…
峠のタイムとか
大会の成績とか
そういうの考えるとさ
もう少しあると思ってたんだけどさ…



というか実際
過去にパイオニアのパワメで計測してた時の数値と比べると
あっきらかに低い

てか、stagesのパワメも実はオカシイという可能性ないか…


ということで
数値にまったく納得ができないので翌日は外で実走に


いつもの十三峠をとりあえず走ると



16分320wくらい


この数値はすごく納得できる

以前パイオニアで計測してた時とも
自分の感覚からも、この数値はあってる


というかやっぱりこれくらいのパワーで踏めるじゃん

いや、なんだったらこの日は少し調子悪かったので
15分340wくらいでは踏めると思う


そうしたこと考えると
自分のFTP(60分平均出力)は
310w~
くらいではあると思う



いや、じゃあ
あのローラーでの数値は何だったのか

ということだが


これはもう自分が
ローラーが下手糞すぎる
という結論になる


自分は登りに比べて
平坦が遅すぎる
ということは自覚はしていたが

さらに
ローラーも遅すぎる
という事実が判明した


まぁだって
登りと踏み方違うし
そういうこともあるのだろう


だから
さっき自分のFTPは
310wくらいと言ったが

これもあくまで
「登りのFTP」
であって

厳密にいえば
平坦でのFTPとか
ローラーでのFTPとか
そうしたものと分けて考えなくてはならないと思う



だから「登りのFTP」を正しく計測するなら
ローラーで計測するのではなく
登りで計測しないとならない


成長における「特異性の原理」というものがあるが
自分はこうした部分がかなり極端なのだろう

汎用性が無いというか
応用が利かないというか
まぁ要するに「不器用」というか



まぁせっかくあらためてパワーメーターを導入したので
客観的な数値を把握しながら
自分が苦手な部分(緩斜面とか)でも成長できるように
どうやって練習していくかということを
考えながらやって行こうと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする