軽量化一覧

ショートサドルを試してみた

サドルを「ショートサドル」に交換してみました。ノーズの短いショート幅のサドルで、前乗りに適しているとされてますが、座面位置が前過ぎたため使えませんでした。

記事を読む

富士ヒル前の最後の週末

富士ヒル一週間前の最後の週末、今さらジタバタしてもしょうがないがどう過ごそうか悩む。結局いつもの十三峠と葛城山に。やれることは全部やったと思ってる。

記事を読む

本気でオススメする神サプリメント

オススメのサプリメント、ではないですがお薬紹介。「ピンクの小粒」で有名なコーラック。時間に追われる自転車乗りの方には結構便利な便秘薬だと思ってます。

記事を読む

減量してもヒルクライムは速くならない

ヒルクライムにおける減量(ダイエット)の効果とは何か。体重1kg痩せると富士ヒルで1分タイムを短縮できる等言われもしますが、体重が減ることで変わるのはギヤ比だと思います。

記事を読む

ロードバイクにおけるカーボンフレームとアルミフレームの違いを徹底解説

ロードバイクのアルミフレームとカーボンフレーム、剛性や軽量差など、素材の違いによってどんなメリット・デメリットがあるのか、どういう特性があるのか、解説していきます。

記事を読む

supersix evo nano に載せ替えました

軽量フレーム「キャノンデール supersix evo nano」に載せ替えました。フレームサイズが58とかなりデカかったので、乗れるか不安でしたが何とかなりそうです。

記事を読む

Cannondale CAAD10 Black Inc 2014 フレーム重量

アルミロードバイク「Cannondale CAAD10 Black Inc 2014」のフレーム重量、フロントフォーク重量の測定。フレームサイズは54。アルミバイクならではの剛性は保ちつつ、重量も軽量な部類です。

記事を読む

重いのは嫌なのでケイデンスに極振りしたいと思います。

ヒルクライムでもある程度以上のケイデンスを維持するためにスプロケットを28Tから30Tに交換することに。斜度10%くらいの登坂をケイデンス100rpmくらいで回せるようになるのが目標。

記事を読む

西粟倉ヒルクライム2019春【不参戦記】

西粟倉ヒルクライム2019(春)に参加しようとしたのですが、網棚のせいで参加できませんでした。岡山から大阪まで自走で帰ることに。ポンコツすぎるだろ俺。

記事を読む

富士ヒルゴールド取るために、ひとつずつ積み上げていく

富士ヒルゴールド獲得のための目安、「六甲山(逆瀬川ルート)」の38分台。これをクリアするため、本番2週間前、最後の挑戦。ギリギリ届いた。ゴールド手にするためひとつずつ積み上げていく。

記事を読む

カーボローディングについての覚書

レース前にカーボローディング(グリコーゲンローディング)を意識的にされる方も多いかと思いますが、個人的に調べて思ったことオススメの食べ物をまとめました。柿の種を食べよう!

記事を読む

体重についてのひとり言

ヒルクライムは重力との戦いであり、自分の体重がタイムには大きく関わってきます。が食べるの大好きな自分にとってダイエット・食事制限は無理。普通に食べながら痩せたい。

記事を読む

「サンボルトはいいぞぉ~」(六甲山 自己ベスト更新)

トップ選手にも愛用者が多いオーダーサイクルウェアのメーカー「サンボルト」。今回サンボルトのジャージを着て六甲山自己ベスト更新。サンボルトはいいぞぉ~。

記事を読む

3TのステムARX2 TEAM STELTHにヒビ入ったンゴwwww

3Tの軽量ステム「ARX2 TEAM STELTH」にヒビが入ってました。落車やハデな転倒などはしていないのですが、コラムとの接合部で負荷が掛かりやすい部分でしたので、長年のダメージが蓄積していたのでしょうか。

記事を読む

枯れても走ることを命と呼べ

シーズン最終戦「ツールドゆう」を控え、最後の悪あがきとして、機材投入、サプリメント追加、減量など最後の悪あがきをしています。

記事を読む

念願のチェーンリングを手に入れたぞ!

キャノンデールのチェーンリング「SPIDERING 」を購入しました。8本アームから10本アームへ地味な進化です。アルミから削りだしで作られたインナー/アウター一体成型のチェーンリングです。見た目が変態っぽくて好いです。

記事を読む

自転車乗りオススメのスマホ【2.45インチ極小スマホ jelly pro】

自転車乗りはミニマリストが多いと思いますが、今回はそんな自転車乗りにオススメのスマホを紹介。「jelly pro」2.45インチの極小サイズのSIMフリースマホです。小さく軽くて持ち運びのストレスがなくオススメです。

記事を読む

【朗報】うちのカーボンキラーさん、ついに6kg台に突入

うちのカーボンキラーさん(caad10)もかなりパーツ交換してきましたので、重量測定をしてみましたが、なんと6kg台になっていました。アルミロードバイクとしてはかなり軽量なものになったんじゃないでしょうか。

記事を読む