菖蒲谷ヒルクライム2020【参戦記】




ということで参加してきました菖蒲谷ヒルクライム2020


今年一発目…というか正月だぜ!頭オカシイのかよ!
という運営も参加者もみんな頭オカシイ大会です。

振り返ります。



■前日
姫路に前泊。姫路までは大阪から自走。

というか当日移動で間に合うので
前泊する必要はまったくないのですが、

もうホント、単にビジホに泊まるのが好きなだけです


ちなみのこの数日前には
ビジホに泊まるためだけに名古屋に行ってきました。
観光など一切することなく、
大阪から名古屋まで走ってビジホに泊まり、
翌日また大阪まで走って帰りました。

ビジホに泊まるためだけに大阪~名古屋の往復350kmを走るという謎の行動です。


今度ビジホの魅力について記事を書こうと思います(書きません)



ということで(どういうことだ
姫路に泊まり、当日は姫新線で本竜野駅まで移動、自走で会場へ向かいます。



どうでも良いですが、
一本満足バープロテインにベイクドチョコのが発売されてましたので
試しに食べてみましたが美味しかったです。
inバー プロテインのベイクドチョコより美味いと思う。



■当日

本竜野駅



ここから会場まで自走で向かうのですが、
受付会場がゴール地点にあるため、
一度コースを走らなければなりません。

まぁ試走とアップを兼ねられるので良いのですが。

コースとしては本番15分くらいのかなり短いものです。
気をつけなければいけないのは開始直後。
いきなり激坂が始まりますので、
ここで踏みすぎると脚が終わるので、
意識的に抑えて走る必要があります。
激坂をこなすとあとはゴールまで徐々にペース上げていって走りきる。
作戦というか走り方としてはザックリそんな感じ。

去年も参加してますので、
コースレイアウトもなんとなく身体が覚えています。



ということで会場到着。


受付済ませて参加者リスト確認。


クラス分けは
コース二回走るAクラス
一回のみのBクラス
一回だけで出走時間が違うCクラス

自分はBクラスの参加。


やはり本命はみなさんAのようで、
Bクラスは10名ちょっとと人数少ないです。

目標としては
Bで上の方の順位、
またAと同時出走なので、Aも含めてなるべく前の方でゴールする、
という感じ。


その後スタート地点までいったん下ってから出走。



■スタート

気温としては去年より暖かいか。
前回は半パンでアウターも脱いでと、かなり軽装で挑んだが、
今回はガッツリ冬用の防寒装備。



整列すると割とすんなりスタート。




で、前述の通りいきなりの激坂。

他の方々は結構飛ばして行くが、
自分はあくまで我慢しながらじっくり登る。



激坂が終えたところで徐々にペースを上げて行く。


冬場になると強度上げれなくなってるので、
せっかくのレースだしなるべく追い込んで走りたい。

その後は少しずつ前の方に。


ゼッケンでクラスが判別できる。

途中から前方に同じBクラスのゼッケンが見えなくなった。
一応ここがBの先頭か?



ただ、Aクラスの参加者はかなり前に残ってる。

なるべく追いつきたい。




終盤に一人かわして




ゴール。


ゴール地点では
Bクラスのゼッケンの人はまだ見当たらなかったので、
一応Bで1位は取れたのかな?と
が、Aクラスの人達は何人も先着してるようなので、
第一出走グループ全体の順位としては決して良くはない。

ただ、そのことで別に落ち込んだりはしない。
冬場は強度上げれなくなるのはいつものことだし、
体重だって去年一番軽かった時からプラス8kgという状態。

今年は始まってまだ3日。
焦るような時期ではまだない、と冷静に思い、
去年よりタイムは良かったこと、
実力者もいるBで1位だったことを今はただ素直に喜ぼう。




表彰式。
新年早々の表彰台なのでまぁ良い気分だ。
2位はストラバでフォローさせてもらってたFさんで
(この時はご本人だとは気づいていなかったが)
ご厚意で両腕を上げさせてもらった。


表彰台の真ん中で両腕上げるなんて初めてのことだったので、
まぁ嬉しくはあるのだが、
ただ、特に知り合いもおらず毎度一人で参加してるので、


俺はひとりで一体誰に向けて手を上げてるのだろう……


という何とも名状しがたい気分にもなる。

表彰式終わるとFさんと少し会話させてもらう。
ただ、2位のFさんともタイムは僅差だったので
(追いつかれんからな!)
と実は内心メラメラとライバル心を燃やす。




副賞はBCAAのジェル。

そういや去年も同じのもらって
帰りの道中に水分補給としてジェル飲んでたなぁ。


その後は自走で大阪へと帰る。


天気は快晴で
この時期としては気温高め。

とはいえ
休憩で長時間止まると身体が冷えてしまうので
できるだけノンストップで走り続ける。

が、ひたすら走り続けるものだから汗を大量にかき、
冬場はボトルを携帯していないので、
流石に喉がカラカラに渇いてきて、
水分補給のために一旦コンビニに寄ろうかと思いはじめる。

あ、そういやBCAAのジェルもらったんだった
と思い出し、
道端で止まってリュックからジェルを取り出そうとする。


が、パッケージ開けたところで気が付く。


ってこれ粉タイプやないかーーいwwwwww


喉渇いてジェル飲もうとしたら粉だったという状況が
なんか妙にツボにはまって
その場でひとり爆笑(初笑い


粉てwwww
いや喉渇いてんのに余計水分持ってかれるわwwwww

とひとしきり笑う。
(ええ、相当笑いの沸点が低い人間です)


その後は諦めてコンビニで休憩して、
無事大阪へ帰宅。



■まとめ
ということで無事に終わりました菖蒲谷ヒルクライム

2020年のシーズン開幕戦というよりは
シーズンオフ中の頭オカシイ人達が参加するお祭り的な大会でしょうか。

まぁそれでも年明けから表彰台でしたので素直に嬉しいです。

シーズン開幕となると4月の伊吹山ということかとは思いますが、
FABUが予定している3月20日のヒルクライムイベント、
こちらも詳細がまだ分かりませんが、(芋煮…?)
一応ここら辺りから照準合わせてトレーニング続けて行こうと思います。

今後の参加大会や具体的な目標などは
またあらためて自分の中でまとめて行きたいと思います。

それではお疲れさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. モリヤン より:

    お疲れ様でした&おめでとうございます☆
    僕は体重激増で撃沈でした_(┐「ε:)_
    交わされた時に頑張って張り付いたんですけど10秒で千切れました笑
    Bクラスは毎年レベル上がってますねー
    来年は是非Aで参加して下さい笑

    • yoshi より:

      モリヤンさま

      お疲れ様でした。見つけていただいていましたか!
      この時期は体重&パフォーマンスの調整難しいですよねぇ…。まぁあくまでシーズンオフ中ですので、自分も春に向けて少しずつ体重落としていきたいところです。

      うーん。体力管理が下手でどうしても1本でオールアウトしてしまうので、2本あるAはねぇ…。もし来年出るとしてもやっぱりBに逃げます(笑