マウンテンサイクリングin乗鞍2018【現地入り~試走~前日観光】

第33回マウンテンサイクリングin乗鞍に参加してきましたので、レースの模様を当ブログで振り返ります。クラスCの参加です。まさに最高峰のヒルクライムレースでした。

第33回マウンテンサイクリングin乗鞍に参加すべく、前々日に現地入りしました。

始発の新幹線で新大阪→名古屋
特急しなので名古屋→松本へ。

松本駅からはアルピコ交通の上高地線で新島々駅へ。

なんかイメージキャラクターがラッピングされた車両。

新島々駅に到着。

ここから乗鞍高原へはバスで移動。

が時間が少しあったので周辺ブラブラ。

といってもそんなに周りに店があるわけではないが、
地元物産店みたいなのがあったので、信州名物おやきを買って食べる。

野沢菜とつぶあん。

野沢菜のがめちゃくちゃ美味かった。

つぶあんのは普通。つぶあんの味がする(当たり前だ)

バスで乗鞍高原観光センター前へ到着。

ちなみに自転車は荷物スペースに入れてもらえる。
ただしスペースに限りがあるので、他に荷物多い時は対応してもらえないこともある模様。

天気は雨模様。

まぁこれから晴れてくるだろう、という何の根拠もない推測のもと、
早速コースの試走をすることに。

スタート位置。

最初の3分の1はゆるやかな勾配ということ。
走りながら確かにこれは巡航速度高めになりそうだなぁと感じながら走る。

最初のチェックポイント「三本滝レストハウス」に到着。

と思ったら……

「自転車通行止め」

なに!?

山頂付近(畳平)は風速15mほどの強風のため、
ここから先、本日は自転車での通行は不可とのこと。

そ、そんな…

まぁ仕方ありません。
一旦引き返して「三本滝」までの試走をもう一度だけしておきました。

強風だと山頂まで走れないというのは予想外でした。

フルコースの試走を一度しておきたかったのですが、諦めましょう。
この様子だと明日も無理そうです。

その後周辺をブラブラしつつ本日の宿へチェックイン。

雨に濡れた身体をお風呂で温めます。

露天風呂。

好い。

今回はお風呂もすごく楽しみにしていた。
周りを木々に囲まれた最高のロケーション。

時間指定制だったので、自分だけで独り占め。

雨は降り続けている。

これ当日の天気は大丈夫だろうかと不安になりはじめる。

夕飯は近くの温泉施設「湯けむり館」のレストランで。
食後にまだ食べれそうだったので、またまたおやきを食べる。

野沢菜と山菜。

美味しかったが、新島々で食べたのとまたちょっと違う感じ。
作ってるところで生地や味付けがやっぱり少し違うようです。

宿にもどり、寝ようとするが土砂降りに。

え…これ、ほんと当日大丈夫か…?さらに不安が増す。

深夜~早朝には雷まで鳴り始める。

翌朝、先ほどの露天風呂で朝風呂。

が、土砂降りが続く。(雨に打たれながらの露天風呂もまた好いのだが)

このまま降り続けると、明日のレース当日も不安だし、
何より今日一日なにも行動できなくなる。

うーーーん、止んでくれないかなぁと思ってたら小雨になってきたので、
とりあえずは宿を出る。

会場の観光センターへと行ってみると
なんと晴れてきた。

しかもゴールの山頂へとむかって虹が架かる。

おーー。

こんなハッキリとした虹を見たのは生まれて初めてかも。

当日の好天を予言するかのような虹に、心躍らせる。

かーらーのー…

土砂降りである。

天気さん!もう俺の心をもてあそぶのはヤメテ!

少し雨宿りしてるとまた小雨になってきたので(もうなにがなんやら)
このスキにコース視察と観光をかねてバスで山頂へと向かう。

昨日、試走では三本滝までしか行けなかったので、バスでもコースを体感できるのは良い。

斜度とか結構、バスの中でも体感できるので、実走できない場合は「バスでの試走」も結構ありかと。

が、雨は強くなり続けている模様。
道路は雨水で川のようになっている。

これはフルコースでの開催難しいんじゃないだろうかと、コース短縮も覚悟する。

山頂(畳平)到着。

もう雨と強風でメチャクチャである。

周辺を散策することも困難な状況。

とりあえず近場の山荘でお昼ご飯。

飛騨牛のホルモン定食。(1500円)

品数多くボリュームあるし美味しかった。

その後近くの魔王岳に登ってみる。

なんも見えねぇ…

雨と風がほんとハンパない。
当日のレース開催への不安がつのりまくる。

バスセンターへと戻り一服。

自家製ポテトチップスと甘酒。(変な組み合わせ)

このまま雨量が増し続けるとバスがストップになる可能性もあるとのことなので、ここらで下山。

再びバスで観光センターへと。

が、バスでの道中、

ん?晴れてきた!?

本当に天気が気まぐれ過ぎる……

もはやあまり天気に一喜一憂することもなく観光センターへ。

会場ではすでに受付を開始していました。

会場では小雨がぱらぱら程度。

受付をすませて会場をブラブラ。

流石乗鞍。かなりの規模の出展数である。

色々回るだけで楽しい。

協賛のアミノバイタルで商品もらう。

前日走って実はパンクしていたので、
予備のチューブと、補給食、チェーンオイルを購入。安い。
クレジットカード使えるのも助かる。

有名選手のお二人もいらっしゃった。

あ。悪魔おじさんだ。

悪魔おじさん、なんか犬っぽくね?

こちらが本物の悪魔おじさん(和製)。

その後お風呂に入って。(ろんぐらいだぁす!でも主人公達が入ってたなココ)

再び会場へ。


乗鞍ガールとの記念撮影に長蛇の列。

チャリダーの撮影もしてました。

いのさんと、うじきさんと、新メンバー2人と、おおやさんと、もう一人女の子いる。さとうさんかな?
参加者リストにあさひなちゃんの名前も載っているが、居ない模様。多忙のためDNSだろうか。

手前で56さんが記念撮影に応じてる。ノリの本当に良い方だ。

また会場ウロウロ。

超軽量バイク。

その後本日の宿へ。

午後9時前に早めに就寝。

午前4時前に起床。

眠気覚ましに外へ散歩に。

空を見るとなんと満面の星空である。

あ、快晴だ今日。

これも自分の日頃の行いが良いお陰だなと一人頷く。

会場へ。

マビックカーの朝は早い。

その後宿へ戻り朝食を済ませて身支度を調えると再び会場へ。

やはり快晴。

楽しいレースになりそうだ。

第33回マウンテンサイクリングin乗鞍に参加してきましたので、レースの模様を当ブログで振り返ります。クラスCの参加です。まさに最高峰のヒルクライムレースでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする